大切な家族である犬のために!ペット保険に加入しよう

大切な家族の一員である犬。その犬がもし病気になれば、すぐに病院に連れて行ってあげたいと思いますよね。
しかし、犬には公的な保険証がないので、受診すると全額自己負担となります。

人間の場合は原則3割負担ですから、全額自己負担になればどれくらいかかるんだろう…と気になるところです。受診料が気になることで受診が遅れてしまうのは大変ですよね。
そんな時に役立つのがペット保険なのです。
ペット保険とは、毎月保険料を納めることでいざというときに給付してもらえるというペットのための民間の保険です。
人間にも民間の医療保険がありますが、いくつか異なる点があります。

まず人間の医療保険の場合は、「入院」「手術」をすることでいくら給付、と決まっていることが一般です。しかしペット保険の場合は入院等の制約がありません。そのため通常の外来受診でも保険を請求することができます。

ただし予防接種など対象外になるものもあるので、給付条件については確認することをオススメします。
またもう一つの異なる点は、補償割合についてです。

人間の医療保険では、先程お伝えしたように「入院」「手術」でいくら、と決まっています。つまりかかった金額は関係ないので、給付される金額が多かったり、もしくは実際の治療費より少なかったりします。

ペット保険の場合は治療費に対して実費がでます。ただし契約時に補償割合を決めるので、その割合分は自分で出す必要があるのです。例えば治療に10万円かかった場合、補償割合が70%のプランに加入していたのなら、3万円は自己負担、7万円は保険が出るという仕組みです。
他にも特約が充実している場合があります。

もし飼っている犬が他人や犬を噛んでしまった場合、損害賠償責任を負う可能性があります。そのときにもペット保険に加入していれば、保険がおりるのです。保険会社によって条件が細かく決まっています。
さらにキャッシュレス診療をする保険も増えてきました。本来は一旦治療費を立て替えて、後日保険金を請求するのが流れです。
しかしキャッシュレス診療ができる商品の場合は、保険証になるカードを提携先の病院に見せるだけで、支払う必要がなくなるのです。治療費は病院が直接保険会社に請求します。
このように便利なサービスも広まりつつあるので、ぜひペット保険について検討してみてください。

犬のダイエットとは人間と同じ、食事の工夫と運動

ペットにも人間と同じように病気になることがあります。
太りすぎによる肥満で動けなくなったり、呼吸がうまくできなかったりなど、人間より体が小さいことでトラブルが起きやすいのです。
たとえば男性の体重が70キロくらいだとして、犬の体重は10キロ程度だとします。
一キロの割合が犬の場合は1/10になります。
それだけ太るということは体に害になりやすく、負担にもなりやすいのです。

まず行うことは食事の管理

おやつをあげると犬の機嫌が良くなったり、ねだってくるとすぐにエサをあげてしまうなど、かわいい姿をみると甘やかしてしまうことがあります。
知らず知らずのうちにカロリー過多になって、食べ物を食べていることが多いのです。
食事は決められた時に決められた回数、決められた量をあげるのが体にとってもよく、人間と同じになります。
食べたいだけあげるのではなく、その犬の適正体重を守ることができるようなエサの量の制限をします。
エサの袋にどれくらいの量をあげるか目安が書いてありますが、よくわからない場合は獣医に聞いてみたり、それぞれに合っている量を判断していきます。
最初は面倒だと感じるかもしれませんが、一度適正の量がわかればそれに従ってあげればよいですので、ずっと続く事ではないです。
急に減らすと犬にとってもストレスになりますので、エサの量は少しずつ減らしていきます。

散歩や運動など

一度肥満になると犬もとうまく身動きが取れなくなり、出かけることが億劫になることがあります。
また、うまくいかないもどかしさから機嫌が悪くなることもあります。
ですから犬の散歩や運動は、少しずつ量を増やしながら、少しの量を継続していくのが理想です。
散歩の距離を増やす、自宅で遊んであげるなど、飼い主の負担にならないような運動の量をおこなっていくのが犬にとっても理想となります。
一度痩せても今度はそれを一時することが大切です。
定期的な運動も一緒にすることで体重は維持しやすくなります。

参考サイト:無添加ドッグフードおすすめランキング|高評価・高評判・口コミで人気【みらわん】