あげすぎもNG?じょうずな犬のおやつのあげ方

しつけがうまくいった時、教えた芸が上手にできた時など、飼っている犬におやつをあげたくなるタイミングは多いですよね。
しかし、むやみに与えてしまうとかえって悪影響が出てしまう場合もあります。
犬におやつを与える際に覚えておくべきポイントをまとめました。

1.適量を与える

人間の子供でもおやつを食べすぎて食事がとれず怒られることがありますよね。
犬も同じで、おやつを与えすぎると必要な栄養がバランスよく摂取できなくなってしまいます。
一度に与える量を調整したり、ドッグフードの成分を補えるものを与えたりして健康に気を遣ってあげましょう。
ご褒美としておやつをあげる場合は味の好みを合わせることもあるかもしれません。
好物をもらって喜ぶ姿はかわいいものですが、あげすぎには要注意です。

2.与えるタイミングを決める

あまりに細かく与えすぎると、犬にとってはおやつが当たり前のものになってしまいます。
褒めるためにおやつを与える場合、たとえば覚えている中で一番難しい芸ができた時などの条件をつけるのが良いでしょう。
おやつ以外の褒め方と状況に応じて使い分けるのも効果的です。
また、際限なくおやつを与えていると犬のほうから求めてくるようになる可能性もあります。
躾の一環としても甘やかしすぎることなく、節度を持っておやつを与えるようにしましょう。

3.成長に合わせて変化させる

ヒトの赤ちゃんが母乳から離乳食、そして固形食へと食べ物を変えるように、犬にも成長に合った食べ物があります。
まだ内臓が成熟しきっていない子犬の間は、簡単に粉々になるようなもろいものを与えましょう。
硬いものをそのまま飲み込んでしまうと、内臓を傷つけ重大な事故に繋がるかもしれません。
硬い犬用ガムを楽しめる年齢になっても油断は禁物です。
万が一の事態が起こらないよう、外出などで目を離す際は十分に注意しましょう。

おやつをもらって喜ぶ犬の姿はとても愛らしいですが、与えすぎは毒になる可能性もあります。
大切な愛犬と長く一緒に生活するためにも、節度をもって利用してみてくださいね。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください